動画で社内共感を生む!動画をインナーブランディングに活用しよう!

インナーブランディング動画

現在、インナーブランディングを活用して企業基盤を整えようという企業が増えています。
それもそのはず、採用が難しい時代なのに、すぐ社員が辞めてしまうといった悩みは経営者や人事担当者は悩んでいます。

動画を活用したインナーブランディングが効果的かもしれません。
そこで今回は中小企業こそ活用すべき動画を使ったインナーブランディングについて解説します。

目次

インナーブランディングとは

インナーブランディングとは、社内におけるブランド価値を構築し、従業員一人ひとりが会社の理念や価値観に共感し、内側からブランドを支え、高める活動のことを指します。

簡単に言うと、会社が考えていること会社全体にしっかりと浸透させることを指し、従業員が誇りをもって働けるような会社文化の醸成が目的となります。

従業員が共感する企業理念を浸透させることができる

企業において、従業員が企業理念を理解し、共感することは非常に重要です。
そのためには、会社が掲げる理念が経営層だけでなく、社員一人ひとりにしっかりと伝わるよう努めることが求められます。

理念の共有化には、継続的なコミュニケーションやワークショップの実施など、様々な取り組みが有効です。社員それぞれが理念を自分ごととして受け止め、行動に移すことができれば、自然とブランドは社内外に強固に根付いていきます。

それぞれの社員が企業理念を言えたら強いですよね!

インナーブランディングによって内部コミュニケーション?

インナーブランディングを成功させるには、社内での円滑なコミュニケーションが不可欠です。情報の共有は、信頼関係の構築に直結します。

また、オープンなコミュニケーションをすることで、アイデアの創出や問題解決へと繋がることも多くあります。さらに、経営層からの定期的なメッセージ配信や、社員からのフィードバックを歓迎する姿勢は、組織全体としての一体感を高め、ブランド価値を内側から育てていくことに寄与します。

社内文化として企業のブランド価値を浸透させる

インナーブランディングは、従業員に企業の価値を深く浸透させる取り組みです。

これは、社内行事や日々の業務のプロセス、さらにはオフィスのデザインに至るまで、ブランドを具現化する施策が必要です。

従業員が日常的にブランド価値を感じる環境をつくることで、自然と行動や判断基準に反映されるようになります。企業が一貫した姿勢でブランドを体現することで、従業員間での共感と協力が生まれ、競争力のある独自の企業文化を築くことができるでしょう。

動画を使ったインナーブランディングのメリット

企業内のコミュニケーションにおいて、インナーブランディングが重要視されています。

その手段として動画を採用することで、従業員に対するブランド価値の理解を深め、組織全体の一体感を高めることができるのです。

動画は情報伝達の効果を最大化し、従業員の意識改革やモチベーション向上に直接的に寄与するメリットがあります。

動画にすることでより直接的に伝わる

社内にメールを送ったり、静止画だけでは伝わりにくかったメッセージも、動画にすることで情感を込めて伝えることができ、繰り返し見ることができます。

視覚と聴覚を刺激する動画は、従業員の直感に訴え、より深くメッセージを体感してもらうことが可能です。例えば、企業のビジョンを語るCEOのメッセージを動画で視聴することにより、言葉の背景にある情熱や真意を直接感じることができるでしょう。こうした体験は従業員の心に強く残り、会社の理念への共感と理解を一層深めます。

共有しやすいコンテンツ形式

動画は共有しやすいコンテンツ形式であり、社内SNSがある企業では社内SNSを活用したり、メールを通じて簡単に拡散できます。

一度動画に撮ってしまえさえすれば、アクセスしやすく、場所を選ばずに視聴することが可能です。その手軽さは、従業員間での情報共有を促進するため、おすすめです。

また、共有された動画は会話のきっかけとなり、社内コミュニケーションの活性化にもつながります。

インナーブランディング成功事例に学んでみよう

企業の成功を決定づける要素は多岐にわたりますが、その中でもインナーブランディングは重要な役割を果たしています。

成功事例を参考にすることで、ブランディング戦略の理解を深め、自社に応用するヒントを得ることができるのです。

大企業のインナーブランディング戦略

大企業では、強固なインナーブランディングが組織の基盤を支えています。

例えば、ある家電メーカーでは、社員一人ひとりが企業理念を体現し、自らをブランドの大使と見なす文化が定着しているのです。
社員教育においては、研修やワークショップを通じて理念と価値観を徹底的に浸透させます。また、全社的なイベントを通じて、社員が企業理念を共有する機会を設けることで、組織として一体感を醸成している例もあります。これらの取り組みにより、社員は自社の製品やサービスに誇りを持ち、その結果としてお客様に対する品質の高い接客やサービスにつながっています。

中小企業におけるインナーブランディングのアプローチ

中小企業においてインナーブランディングを展開する際には、その規模を活かしたきめ細やかな戦略が重要になります。

大企業とは異なり、少数精鋭であることが多いため、社員ひとりひとりの意見が企業文化を形作るうえで大きな影響力を持ちます。

そこで、社長や経営層が直接社員と対話を重ね、ビジョンや価値観の共有を図ることが一般的な手法となっています。また、社員の成長をサポートする人材育成プログラムを充実させることにより、社員のモチベーションを高め、企業としての競争力を確立している企業も多くあるのです。

キャリアパスの提示や十分な評価制度の設置など、社員が働きがいを感じられる環境を整えることが、中小企業におけるインナーブランディング成功の鍵となっています。

動画のインナーブランディングを活用している企業

バディカの中野社長はうまくインナーブランディングを活用しています。
その時の動画は参考になります。

中野社長のバディカのサイトはこちら

あわせて読みたい
【公式HP】業販五つ星認定店・業販専門店BUDDICA(バディカ) オートサーバー認定五ッ星店 【オートサーバー五つ星認定店舗】業販専門店BUDDICA(バディカ)。展示車全て、第三者機関の鑑定済み。『良い車を低価格でご提供したい。』毎日徹底価格調査で最安値に挑戦...

まとめ

インナーブランディングをすることにより、社内がより強固に生まれ変わります。
そのため、社内への理解が深まり、離職率の低下をすることができるでしょう。

これからの時代、動画を活用したインナーブランディングはおすすめです。
動画は繰り返しみることができるので、一度作ってしまえば楽なのも良いですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社アールアイメディア代表の今枝です。
愛知県名古屋市で主に法人様向けに映像・動画制作を中心とした事業をやっております。

目次